Youtube今日公開のwest insideより 2020.5.1 パート3

WESTカフェ上越店

今日更新したWESTのyoutubeチャンネル「バイヤーが解説 アウトドアギアレビュー」から動画をご紹介します。

【比較レビュー】SPフラットバーナーとプレートバーナー値段の違いで何が違う?【IGTグリル対応】

【比較レビュー】SPフラットバーナーとプレートバーナー値段の違いで何が違う?【IGTグリル対応】

スノーピークのバーナーの紹介です。

同じような箱のサイズで、倍くらいの値段の違いとなります。アイアングリルテープのワンエイトに対応する規格なので、外枠の大きさもほぼほぼ同じです。

フラットバーナーは五徳がついていてバーナーヘッドもはずれます。プレートバーナーは、五徳が鋳物のような感じになっていて、外すとフラットになります。

火力はどちらも数値上は3000kcal、点火スイッチも両方ついてます。

フラットバーナーは、バーナーが凹んではいっているので、風がふいたときも火が消えにくいです。プレートバーナーは、火口の部分が表に出てます。風に強いという意味では、フラットバーナーの方がいいかと思います。

ただ、プレートバーナーは倒立となっていて、液出し仕様でも使えるとても珍しい長所があります。倒立にすると、単純に言うとガスの出が良くなります。ガス缶の中には液化ガスがはいってます。これが気化してバーナーヘッドに出てくるのですが、長時間使ったり、残量が減ったり、気温が寒くなると出が悪くなります。そして、急激に火力が落ちてきます。

この点、プレートバーナーはガス缶倒立対応ということで、私の経験でも氷点下5、6度の環境でも安心して使えました。だったら、常に液出しでいいのではないかと思うかもしれませんが、これが難しいところで、ガス検査のときに厳しい検査対象となりますので、簡単に製品化できません。そのため、液出しは同じスノーピークのツーバーナーとSOTOストームブレーカーくらいしかありません。そう思うと、この価格は高くありません。

特に新潟のウエストのあるような寒い時期のキャンプが多い地域では、これがアドバンテージになります。

プレートバーナーも、着火時は通常の正立の状態で着火します。実際に火をつけて比べてみます。暗転して、実際に正立と倒立での火の出方は動画でご確認いただけます。

プレートバーナーはイソプロのシルバー缶(安いカートリッジ)が推奨となり、ランニングコスにも優れるのもいいポイントします。

snow peak(スノーピーク) フラットバーナー 商品番号:GS-450
https://www.west-shop.co.jp/item.asp?id=309323

snow peak(スノーピーク) ギガパワープレートバーナーLI 商品番号:GS-400
https://www.west-shop.co.jp/item.asp?id=138217

 

【定番】グラミチパンツとNNパンツを徹底比較レビュー

【定番】グラミチパンツとNNパンツを徹底比較レビュー

グラミチパンツとニューナローパンツの違いを紹介します。

今回は、グラミチパンツと同じくグラミチのNNパンツのジャストカットの違いをレビューします。

グラミチパンツはコットンツイル100%、NNパンツはコットンツイルのストレッチになっていて、98%コットン2%ポリウレタンです。見た目は近いのですが、履き心地も異なります。

実際に履いて比べてみますと、

グラミチパンツMサイズ。169cm/63kgです。シルエットは動画でご確認ください。

続いてニューナローパンツ(NNパンツ)のジャストカット。シルエットは動画でご覧ください。履いた時点で、ももやお尻のラインは細目になります。ポリウレタンによってストレッチが効くので、見た目よりは動きやすくなっています。

「ジャストカット」は丈が少し短め。通常のNNパンツと比べて、7cm短くなっています。Mサイズですと82cmのところ、75cmになります。見た目はそれほど感じません。脚を上げた時にくるぶし丈になるくらいです。

Gramicci(グラミチ) GRAMICCI PANTS
グラミチパンツ 商品番号:8657-56J
https://www.west-shop.co.jp/item.asp?id=377640

Gramicci(グラミチ)NN-PANTS JUST CUT
パンツジャストカット 商品番号:8817-FDJ
https://www.west-shop.co.jp/item.asp?id=377670

NN-PANTS NNパンツ 商品番号:0816-FDJ
https://www.west-shop.co.jp/item.asp?id=377657

【アウトドアNEWS】CSランタンの替えホヤが新発売 ドイツ人気のランタンにも使えるか試してみた

【アウトドアNEWS】CSランタンの替えホヤが新発売 ドイツ人気のランタンにも使えるか試してみた

キャプテンスタッグのオイルランタンの小・中の替えガラス(ホヤ)が発売になり今日届いたので、早速レビューします。

CSランタン(中)で実際に取り換えてみます。

外すときは左右のワイヤーを少し広げるとかえやすくなります。純正品ですので、うっかり割ってしまったときなんかに登場します。

今度は、人気のフュアハンドでも、キャプテンスタッグのホヤが使えるのか相性・互換性を試してみました。結果は動画をチェックしてみてください。フュアハンドのホヤが手に入らないときは、こうやって代替としてもいいかもしれません。

・フュアハンド フュアハンドランタン
・キャプテンスタッグ「オイルランタン(中)ブラック UK-0508」
・キャプテンスタッグ「オイルランタン(小)ブロンズ UK-0505」

・キャプテンスタッグ オイルランタン(小)用ホヤ UK-5001 サイズ 径65x高さ62mm
・キャプテンスタッグ オイルランタン(中)用ホヤ UK-5002 サイズ 径85x高さ87mm

今年こそ【防虫ネット付きハット】でブヨや蚊から顔を守る!【比較レビュー】

今年こそ【防虫ネット付きハット】でブヨや蚊から顔を守る!【比較レビュー】

これから虫の多くなってくる時期となりました。防虫グッズの紹介です。

まず、モンベルのバグプルーフハット。見た目は普通のハットですが、よく見ると淵が厚くなっていて、ジッパーが一周しています。これをあけると、ネットが出てきます。被ってみた姿は、動画でご確認ください。

ネットが顔の周りに一周して、ブヨ(ブユ)などから顔を守ることができます。裾も前の方で絞ることができますので、隙間を調整することができます。

もう一個は、アウトドアリサーチのバグヘリオス。こちらも見た目は普通のハットですが、同じくネットが出てきます。こちらは、マグネットのボタンを外すと、上部の周りから出てくるようになってます。ORのバグヘリオスの方は丈が少し短く絞った方が良さそうです。比較するとモンベルの方がネットは長くなっています。ORのいいところは、頭の部分もメッシュになっているので、暑い時期はこちらの方が蒸れにくくなっています。

外で遊ぶ様々なアクティビティ、キャンプはもちろんガーデニングやフライフィッシングなどでも活躍します。

mont-bell(モンベル) バグプルーフ ハット 商品番号:1118601
https://www.west-shop.co.jp/item.asp?id=405987

最新動画はYoutubeチャンネル登録でGET!!
「WEST INSIDE」では、ウエストの深堀り情報をお届け中!

ブログ・youtube・SNSの更新情報はtwitterフォローでGET!!