【キャプテンスタッグ】の元営業担当が超軽量チェア2種類解説!!【鹿番長】

人気&新製品レビュー

今回はキャプテンスタッグの元営業担当者が超軽量マイクロチェアを2種類紹介します。例年だと、花火大会など、今年に限って言うと散歩などの休憩用として買われる方がいらっしゃいます。

先ずは動画で

【キャプテンスタッグ】の元営業担当が超軽量チェア2種類解説!!【鹿番長】

トレッカー マイクロFDチェア

サイズ感は幅215×奥行170×高さ170mmです。横から見るとフレームが正方形です。
収納サイズは110x215x厚さ30mmで非常にコンパクトになります。収納袋は標準でついてくるナイロンメッシュケースにはいっています。重量は220gで、軽いコンパクトチェアはいろいろありますが、これ以上軽いものを探そうと思うと、通販で中国系ブランドをさがすしかないかと思いますが、品質保証されたメーカー品で店頭で手に取って見れるものだとやはりこちらになります。

収納は動画のように足をはずして、ゴムバンドを付けます。サンプルで長い時間使っていたバンドなので、ゆるくなっていますが、通常は1重でちょうどよいです。これで収納バックにいれると小さくまとまりました。
どれくらい小さいかというと、こちらに標準的なウエストバックがありますが、すっぽり簡単に入ってしまいます。圧迫するようなこともありません。

材質は、足はアルマイト仕上げのアルミニウム。張り材はポリエステル。キャプテンスタッグには同じ形状で色違いの商品⇒https://www.captainstag.net/products/M-3927.html がありますが、こちら鋼なのでアルミになったことによってより軽量化されてブラッシュアップされています。
組み立て方は、流れに従って足をいれていきます。お互いの足が並行になるようにして組んでいきます。これが結構なれるまでコツがいるかもしれません。ちなみにこの動画も一回組み立てが上手くいかず撮り直しました。

耐荷重は60kgとなっています。実際耐荷重はメーカーの品質管理上余計にみている部分があるので、61kgの重さがかかったらすぐ壊れるということはまずないです。
実際座ってみるとこんな感じです。体重は53kgです。少しお尻ははみ出ますがフレームワーク的にお尻に当たる部分が少なく座り心地は上々です。足は折って座った方が座りやすいです。

トレッカー マイクロイージーチェア

サイズは幅200×奥行200×高さ230mmで若干FDチェアより背が高く座面も余裕があります。収納サイズは65x65x長さ290mmで重量(約)300gと若干かさばる感じですが、こちらは収束型なので収納がとても楽でどなたでも使えると思います。1秒で組み立てできます

材質と耐荷重はFDチェアと変わりません。
実際に座ってみます。
FDチェアより背が高いので座りやすいです。ただフレームの四隅が若干お尻に気になるかもしれません。

どうやって選ぶ?

耐荷重が変わらないので、少しでも軽量で収納がコンパクトなものをお求めの場合はマイクロFDチェアを、組み立て簡単で座面が少しでも広く、高くをお求めの場合はマイクロイージーチェアと選び分けられると思います。
是非信頼の鹿番長から選んでみて下さい。

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)

トレッカーマイクロFDチェア(ブラウン)


CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)

トレッカーマイクロイージーチェア


コメント