ウェバーBBQグリルの今を解説(動画つき

人気&新製品レビュー

アメリカでBBQグリルの6割のシェアWEBER。温度計がついたり、新しいチャコールブリケットが登場予定だったりと、こちらも賑わってきました。2020年の情報を動画でお届けします。

【ウェバーの選び方】キャンプ?ガーデンBBQ?ラインナップ解説

【ウェバーの選び方】アメリカンBBQグリルのラインナップを解説【キャンプかガーデンBBQか】

こちらの動画では、weberのグリルのラインナップを二つのグループに分けて解説しました。

・他の荷物もいっぱいあるキャンプ
・BBQのできる公園・海など荷物少ないデイキャンプ

では、スモーキージョー・ゴーエニ・ジャンボジョー・Q1250が持ち運びに適しています。

大型モデルでは、
お庭で本格チャコール、パーティーならオリジナルプレミアム57cm
お店で、手軽にいれるならQ2200
お店で、雰囲気出したいなら、スピリット
お庭で予算とプロパン手間感じなければ、スピリット

がおすすめです。

人気のガスBBQグリルの特徴を深堀り解説【weber Q1250】

人気のガスBBQグリルの特徴を深堀り解説【weber Q1250】

以下の10個のポイントで、ガスグリルを解説。炭を使ったチャコールグリルとの違いなど。一般的な解説よりも、もっとくだけた、実際に使っての特徴を紹介します。

1.Q1250は日本特別に作ったOD缶仕様
2.Qは鋳鉄とコンベクションオーブン効果で焼く
3.スモーキーさは減る ・・・燻製塩でもOK
4.煙が少ない構造
5.メンテナンス
6.BBQでの高さ
7.焼き網のサイズを比較
  -スモーキージョー
  -ジャンボジョー
  -ゴーエニウェア
8.BBQが日常になる
9.レシピは気負わなくていい
10.仲間や家族でゆったり遊べるWeber(ウェバー)Q1250 ガスグリル 51042208

Weber(ウェーバー)

Q1250 ガス(缶)グリル

Q1250 ガス(缶)グリル


【モデルチェンジ情報も】公式チャコールブリケットとODガス缶の仕様を解説【weberの燃料】

【モデルチェンジ情報も】公式チャコールブリケットとODガス缶の仕様を解説【weberの燃料】

ウェバーから発売されているバーベキューグリル用の各種燃料(チャコールブリケット)について解説します。ブリケット自体のメリットなどについては、スモーキージョーの動画で解説しています。

0:10 現行品ブリケットのパッケージ

ウェバーのブリケットは100%天然素材で作られているのが特徴です。インド産のココナッツ殻で作られたブリケットで、パッケージの細かな違いで3種類があります。

オリジナルケトル/コンパクトケトル/ジャンボジョー/スモーキージョー/ゴーエニウェアなど各種weberバーベキューグリルが対応です

2:05 新しく発売になるブリケットの特徴

ポーランド産となり、これまでのココナッツ殻から木炭(家具の余材)を主材料として使用した、より環境にやさしいモデルとなりました。凝固剤も水とでんぷんのみを使っています。ウェバーの公式サイトには、この生産サイクルの詳細ものっています。こちらの詳細を動画で解説しています。

主原料がココナッツ殻から木炭にかわること、また50tの圧で成型することで密度を増したのが特徴となっています。この変更により、火付きがかわるだろうということなので、チムニースターターを使った方がいいですね。

5:45 点火キューブも天然素材

天然素材にこだわったweberのチャコールブリケットラインナップは、点火キューブも同じ。使用量の目安もわかりやすく、簡単仕様になっています。

6:24 Q1250のODガス缶について

weberのガス缶は、このQ1250キャンプQのために専用設計されたガス缶です。ガス缶はメーカー各社でその配合比がことなりますが、weberのガス缶には寒冷地仕様などでもつかわれるプロパンを多く配合。それにより、涼しい時期で260度程度、夏場で300度程度までBBQグリルの温度上げることができます。

weberの各種燃料は、欠品となる場合がありますので、在庫があるときにしっかり備蓄するのがおすすめです。その際は、WEST各店をぜひご利用ください。

コメント