【モンベル】コスパ最強の雨具サンダーパスジャケット徹底解説!!

人気&新製品レビュー

今回はモンベルのサンダーパスシリーズを紹介していきます。

mont-bell(モンベル)

サンダーパス ジャケット Men’s


まずは動画で

【モンベル】コスパ最強の雨具サンダーパスジャケット徹底解説!!

¥10,560とモンベルのレインウェアの中でも機能と価格のバランスが非常に優れたモデルです。今回は丁度倍の値段に当たる(¥22,880)ストームクルーザージャケットとも比較してお話したいと思います

テキストで解説

【素材】ドライテックR3レイヤー[表:50デニール・ナイロン・リップストップ] 【平均重量】325g
モンベル独自開発の防水透湿素材を採用しています。しっかりと3層構造なので機能には申し分ありません。50Dでストームクルーザーの倍くらいの生地厚があり、重量は70g程重いですがその分摩耗への耐久性が高いです。

耐水圧20,000mm以上、透湿性15,000g/m2・24hrs(JIS L-1099B-1法)(参考値)
山岳用レインウェアとして必要十分な数値を持っていますので山でも快適に使えます。ストームクルーザーの丁度半分くらいの数値です。

細部を見ていきます。
アクアテクトジッパーで水の侵入を防ぎます。裏地は伸縮性はありませんが比較的柔らかさを保っています。シームテープは結構ごっついものなので、使用年月を経てくるとはがれる可能性もあります。ポケットの表側にも縫い目があるので、ここは雨には弱そうです。
ストームクルーザーはポケットまでアクアテクトジッパーで、シームテープの数を極力減らしてあります。ポケットの表側にも縫い目が出ていません。

今回はパンツも合わせてご紹介します。

mont-bell(モンベル)

サンダーパス パンツ Men’s


モンベルのレインウェアは全て上下別売りで必ず同じシリーズのレインパンツが展開されています。

表記上のスペックは全てジャケットと一緒です。【平均重量】242g

モンベルのレインパンツのすごいところはサイズ展開が非常に豊富というところです。サンダーパスパンツの場合は15サイズ展開があります。全サイズにロング丈とショート丈があり、USサイズも注文できることから必ずあなたにピッタリのサイズを見つけることができます。

サンダーパスジャケットは、山での酷使に耐えうるコスパ最強のレインウェアだと思います。またデイリーユースにも馴染みやすいオールブラックのカラーが定番として常に展開されているのもうれしいポイントです。(ストームクルーザーは2018モデルにはオールブラックがラインアップされていましたが1シーズン限りで廃番カラーになってしまっています↓)

mont-bell(モンベル)

ストームクルーザー ジャケット Mens ブラック


コメント