【スノーピーク】新商品LEDランタン【スポットほおずき】ノーマルモデルと比較レビュー

人気&新製品レビュー

2020年6月27日発売のスノーピークの人気LEDランタン【スポットほおずき】(ES-090)を紹介しています。 ノーマルの【ほおずき もり】(ES-070GR)と価格や機能、明るさの違いなどについての製品レビューです。

まずは動画で

【スノーピーク】新商品LEDランタン【スポットほおずき】ノーマルモデルと最速比較レビュー!!

サイズ比較

【スポットほおずき】と従来の【ほおずき】のサイズ比較から。スペック上は角度変換するために新しく備わったアーム部分の分だけ外寸が大きく表示されていますが、本体の球体部分の大きさは、ほぼ同じくらいのようです。

snow peak(スノーピーク)

スポットほおずき


snow peak(スノーピーク)

ほおずき


バッテリー内部

バッテリー内部の作りは従来品と変わらず、単三電池3本を使用と、USBmicro-Bコネクタからの連続電源供給と同じコネクタから別売りの【ほおずき充電池パック】も、変わらず使用できます。

snow peak(スノーピーク)

ほおずき充電池パック


フックの違い

こちらはサイズこそ同じですが、従来品にあったアンチロックが廃止され普通にワンピースのフックに仕様変更されています。アンチロックの意味はテントやシェルターに直接吊るした状態で、不意に強く引っ張ってしまうと、テントのフレームを痛めてしまうのを回避するためのテント保護安全機能でしたが、実績上それほど心配はいらなかったとの判断かと思われます。

ロープの長さ

テントメーカーのスノーピークらしく、ロープと自在パーツで長さを調節する秀逸な機能は健在ですが、【スポットほおずき】のほうが少し短めの設定になります。

角度調節

今回の【スポットほおずき】の一番の特徴である縦横の角度調節も試してみます。この機能はキャンプだけでなく、ご自宅などのデスク周りでも重宝しそうな新機能で、【お家時間】を快適に過ごせそうな、うれしいアイデアですね。

明るさ比較


気になる明るさの比較。スペック上はどちらも光量100ルーメン、光源色はWarmWhiteとなっていますが、実際に点灯してみると【スポットほおずき】のほうが中心への集光が強めで、品名の通りスポット感があります。かと言って一点集中というわけでもなく、程よく拡散しているので従来品と同じくキャンプ用ランタンとして、汎用性も十分に感じました。

価格は従来品よりお高めにはなりますが、これから購入を検討する方には、ランタンとしての便利さで【スポットほおずき】も十分お勧できます。今のところカラーバリエーションはホワイト1色ですが、限定カラー等、今後にも期待ですね。

コメント