【グレゴリー】日帰りから小屋泊におすすめ背面メッシュ登山ザックのズ―ルを徹底解説

人気&新製品レビュー

今回は日帰りから小屋泊までの登山におすすめなバックパックの番外編として各メーカーから発売されることが多くなった背面メッシュタイプのザックを徹底解説します。

まずは動画で

【グレゴリー】日帰りから小屋泊におすすめ背面メッシュ登山ザックのズ―ルを徹底解説

今回ご紹介するのは、グレゴリーのズ―ル35です。

Gregory(グレゴリー)

ズール35


価格は税込み¥24,200です。

以前ご紹介したスタウトというモデルが同じくらいの容量で最もスタンダードかつ汎用性の高いモデルだったのに対して、こちらズールはメッシュとの共存で快適な通気性とグレゴリーのうりであるフィット感を両立させたモデルです。

スペックを見ていきます。
容量はS/Mで33L、M/Lで35Lとなっています。今回はS/Mサイズをご用意しています。
重量は1.29kgと1.31kgで同クラスのものと比べても軽く抑えられています。
最大積載重量は16kgです。

ボディ 210D高密度ナイロン
ベース 630D/420D高密度ナイロン
ライニング 135D高密度ポリエステルと各素材で使い分けています。

ハーネス/ヒップベルト/ランバーは多層構造ライフスパンEVAでクッション性を確保しながらメッシュで効果的に軽量化しています。

シャーシサポートは変形しないプライメーター・スプリングスチールフレームでバックパックの背面を一周して支えています。

バックのメッシュパネルはグレゴリー独自のフリー・フロート・システムのフレックスパネルで、通気性とフィット感を高い次元で両立しています。つなぎ目が限りなく分かりづらい構造です。

背面長は手軽に調節可能で、ヒップベルトはハイカーが足を上げるごとに旋回し動きに追従するので重心がブレにくいです。

通気性の高いショルダーハーネスにはサングラス収納用クイックストウを搭載、サングラスをひっかけてしっかりと固定できます。バックルにはセーフティーホイッスルが付属。

サイドポケットは目の細かいメッシュで、伸縮性も高いので1Lのナルゲンがすっぽり入ります。

バンジー・クロージャ―・システムを備えたトレッキングポール/ツール装着用アタッチメントはグレゴリーのテクニカルバックパックの多くに備わっています。ザック左後方に簡単に外付けできます。

フロントパネル正面には上から下まで開くU字ジッパー式開口部があり、雨蓋を開けるよりも大きくオープンするので荷物の出し入れが非常に容易です。ただ代わりにザック下部からのアクセスは無く1気室のシンプルな構造です。

ハイドレーションポケットがあり、専用のレインカバーが付属します。

実際に背負ってみます。
本体が軽量なのもあって非常に軽い感覚です、また腰にしっかりとパッドがフィットして荷重がかかってくるのが安心できます。
肝心の背面メッシュもとても背中にフィットして、グレゴリーの真骨頂であるバックパックを着る感覚は損なわれていません。

背負い心地が武器のグレゴリーが背面メッシュを取り入れることによって更に魅力を増強した感じがあります。この夏を最も快適に過ごせること間違いなしです。

コメント