シュリンプフライ

出雲B
天気が良かったので
軽くメバルでもと 出雲崎の釣り堰堤に
行ってみたのですが
天気晴朗ナレド 浪高シ…


無理は禁物なので
こうゆう日はおとなしく
家でタイイング
というわけで
次回の釣りに備え
メバル用シュリンプフライ 巻いてみました
エビ1
↑下巻きの後、沿線を2本
シャンクの下側に
エビ2
↑ベンド側にスレッドを移動し
テイルをつける感じで
アンテナとなる
フラッシュ、バックテイルを順にとりつけます
エビ3
↑モノフィラをライターであぶって
作ったアイもとりつけます
(少しエビっぽい感じ)
エビ4
↑さらに同じ部分に
シェルバック (背中の殻) になる
セロハン (お菓子のパッケージを切って) をとりつけ
エビ5
↑さらに、さらに
ボディ兼、レッグとなる[古い記事・リンク切れ]メルティーヤーン
とりつけたら スレッドをシャンク中央に移動し
体節になるゴールドワイヤをとりつけ
スレッドはアイ側に
エビ6
↑ベンドにつけた[古い記事・リンク切れ]メルティーヤーン
フックのアイ側に向けて3~4回転
中央のワイヤをよけながら巻いていきます
(この状態でも十分釣れます多分)
エビ7
↑[古い記事・リンク切れ]メルティーヤーンをスレッドでとめたら
ベンドにつけたセロハンをメルティーヤーンの上から
かぶせ、とめます
その後シャンク中央につけておいたワイヤーを
メルティーヤーンをかき分けながら
3~4回転アイに向け巻いてゆき
スレッドでとめたらウィップフィニッシュして
タイイングは一旦終了
エビ8
↑一度バイスからフライをはずし
余分なメルティーヤーンを
アイ側は短く、ベンド側は長めに
カットしたら完成。
変換 ~ エビエビ
アンテナとメルティーヤーンの
色を変えるだけで
カラーバリエーションも
簡単に増やせます。
禁漁のあいだの
暇つぶしにいかがでしょうか。
   カトー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です