【パタゴニア】2021年春夏新製品 アルトヴィア・パック36Lを徹底解説!!

人気&新製品レビュー

今回はパタゴニアより2021年春夏の新製品、アルトヴィア・パック36をご紹介していきます。

動画で紹介

Patagonia【アルトヴィア】シリーズについて

今期よりパンツのカテゴリーで3種類が展開されている【アルトヴィア】シリーズですが、パックのカテゴリーにも4種類の展開があります。 この36Lはその中で最も大きいモデルで、トップリッド付きの軽量バックパックとなっています。

patagonia(パタゴニア)
Altvia Pack 36L(アルトヴィア・パック 36L)
¥19,800 (税込)

patagonia(パタゴニア)

Altvia Pack 36L

アルトヴィア・パック 36L


特徴について

【サイズ・容量】

992gという重量は30Lクラスのバックパックとしてはかなり軽量なモデルとなります。

【素材】

背面は本体外周にスクエア型のフレームが内蔵されているため軽量ながら剛性感を失わずに荷重をうまく分散しています。

メッシュで覆われたバックパネルを浮かした構造の為、風通しがよく水分がたまるのを防止するため汗を書きやすい時期でも一日中快適に過ごせます。 またやわらかめのフォーム材を使用している為、背中の形や姿勢に合わせてよくしなる構造となっています。

ショルダーストラップも通気性を重視したメッシュが採用されています。

ヒップベルトにもショルダーストラップ同様メッシュが採用されており、伸縮性がありやわらかで腰へのフィット感に優れています。

サイドには2か所の非常にシンプルなパラコード形状のコンプレッションストラップが採用されています。

メッシュポケットは大容量で伸縮性があり1Lのナルゲンボトルもすっぽり入る構造です。

フロント部分にはトレッキングポール用のアタッチメントが二つあり、ポールをコンプレッション用のロープで固定する形状になります。

フロントにはアタッチメント式の大容量ポケットが採用。 バックルを外さなくても使えますがバックルを外すことで全開にして使用できます。

トップのジッパーポケットにはキールーフ付きで、アタッチメントとコンプレッションで斜めに大きく開口部を開く独自のメインコンパーメントが採用されているため、内容物の視認性や出し入れに優れています。

内部には小分けのジッパーポケットとハイドレーション用スリーブ付き

底部には専用のレインカバーが収納されています。

他の容量のモデルはこちら

patagonia(パタゴニア)
Altvia Pack 28L(アルトヴィア・パック 28L)
¥15,950 (税込)

patagonia(パタゴニア)

Altvia Pack 28L

アルトヴィア・パック 28L


patagonia(パタゴニア)
Altvia Pack 22L(アルトヴィア・パック 22L)
¥13,200 (税込)

patagonia(パタゴニア)

Altvia Pack 22L

アルトヴィア・パック 22L


詳細は動画をご覧ください。

コメント